デューデリジェンス

事業再生、M&Aの際に企業の実態を把握するために必要なのがデューデリジェンスです。これには財務面のみならず、ビジネス面、法務面、場合によっては人事面やIT面にまで調査範囲を広げる必要が出てきます。そうなると依頼先が複数になってしまい、報告書の整合性や分野間のつながりを捉えることが困難になります。
さいせいでは各分野の専門家がチームを組んで、統一性、迅速性を持ってデューデリジェンスを行い、また中小企業にも実施しやすい適正価格でご提供しております。

デューデリジェンス
財務デューデリジェンス 財務デューデリジェンスとは、企業の保有する資産、損益、税金などを調査し、決算書、会計資料、資産・ 売上・利益の金額が信頼できるものなのかを調査することをいいます。
会社の決算書に記載される内容を補正し、「本当はどうなのか?」、「実際はどうなっているのか?」を知るための調査です。
ビジネスデューデリジェンス ビジネスデューデリジェンスは、企業のビジネスの把握からスタートし、業界環境や動向の分析、ビジネスモデルの評価、事業計画の検証というステップで進めていきます。
事業収益構造を多面的(事業別・商品別・地域別・顧客別)に把握し、ビジネス環境をマクロ・ミクロ的な視点から調査・分析することによって、ビジネスの将来性を客観的に評価していきます。
法務デューデリジェンス 法務デューデリジェンスとは、企業が有している訴訟リスク・契約リスクなどの法的なリスクを調査することです。
M&Aの場合、対象会社が契約により事業を制限されるリスクはないか、投資後予期せぬ訴訟を抱えるリスクは無いか ということを、主に弁護士が調査します。
人事デューデリジェンス 人事デューデリジェンスの調査事項としては、従業員の雇用体系や賃金制度、未払い給与や残業代の有無等、ヒトに絡んだ問題で企業が抱えるリスクを潜在的な部分まで含めて調査することです。